初診WEB予約

認知症・軽度認知障害

Dementia・Mild cognitive impairment

認知症・軽度認知障害|調布駅の心療内科・精神科・メンタルクリニック|調布聖美会クリニック

認知症・
軽度認知障害

Dementia・Mild cognitive impairment

認知症・軽度認知障害

認知症・軽度認知障害

認知症は、脳の病気などさまざまな原因により、脳の神経細胞の働きが悪くなり認知機能が低下し、日常生活に支障をきたす病気です。認知症にはいくつかの種類があります。アルツハイマー型認知症は、認知症の中で最も多く約半数を占めます。脳内に異常な蛋白がたまり、脳が萎縮していく過程で起きる認知症です。もの忘れで発症することが多く、ゆっくりと進行します。その他には、脳梗塞や脳出血などによって発症する脳血管性認知症、実際にはいない人が見える幻視や夜間に異常な言動を認めるレビー小体型認知症、スムーズに言葉が出てこなくなり、感情や行動の抑制がきかなくなる前頭側頭型認知症などがあります。
もの忘れは正常な加齢、老化でも認められます。加齢にともなうもの忘れか認知症のもの忘れかの区別は難しい場合がありますが、認知症のもの忘れでは、一部ではなくすべてのことを忘れる、もの忘れの自覚がない、日常生活に支障をきたしているなどの特徴があります。
また高齢者のうつ病も認知症のように見えることもあります。うつ病では食事や睡眠の問題があるのに認知症ではない、うつ病ではもの忘れを訴えますが、重要な個人的なことを忘れることはめったにないのに、認知症では自分の精神状態が損なわれているという自覚が少ないという違いがあります。
軽度認知障害(MCI: Mild Cognitive Impairment)は認知症の前段階と考えられる状態です。もの忘れがあるものの症状は軽く、多くは自立した生活が可能です。MCIの方はやがて認知症に移行することがあります。しかし、MCIの方のすべてが認知症になるわけではなく、この段階から予防的活動を開始することで、認知症の進行を遅らせることが期待されています。

認知症の原因

アミロイドイメージング

認知症は、脳の病気(原発性の脳疾患)として起こるのが一般的です。脳の病気によって起こる認知症としては、アルツハイマー型認知症、血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などの変性性認知症があげられます。認知症の原因として最も多いアルツハイマー病では、脳内に異常な蛋白(アミロイドβやタウ)が蓄積して、それが神経細胞の変性を引き起こすと考えられています。
アルツハイマー病をはじめ認知症の原因となる脳の病気は現在のところ根本的な治療が困難な病気ですが、認知症は脳以外の身体の病気によって起こることがあり、その中には治療が可能な病気があります。正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫、甲状腺機能低下症などの内分泌疾患、ビタミンB1欠乏症・ビタミンB12欠乏症・葉酸欠乏症などの欠乏性疾患・代謝性疾患、自己免疫性疾患、呼吸器・肝臓・腎臓疾患、神経感染症などによって起きる認知症が治療可能な病気としてあげられます。

認知症の主な症状

  • 昔のことはよく覚えているが、最近のことは忘れる
  • もの忘れが徐々に悪化している
  • よく道に迷うようになった
  • 怒りっぽくなった
  • 近所を徘徊するようになった
  • 身だしなみを気にしなくなる
  • 状況や説明が理解できなくなる

認知症の治療

認知症の治療

認知症の原因として最も多いアルツハイマー病では、脳内に異常な蛋白(アミロイドβやタウ)が蓄積して、それが神経細胞の変性を引き起こすという仮説が考えられています。そこで、アミロイドβやタウを蓄積させない、または除去する治療法の開発が世界中で進みつつあります。今のところ認可された薬剤はありませんが、将来、もし認知症の原因となる異常な蛋白の脳内の蓄積を阻止する安全な薬が開発されれば、多くの認知症を防ぐことができると期待されています。
アルツハイマー病などの変性性認知症をおこす脳の病気を根治的に治す治療法はまだありません。したがって、現在の認知症の治療の目標は、できるだけ症状を軽くして、認知症の進行を遅らせることになります。認知症の進行を遅らせる薬物療法としては、コリンエステラーゼ阻害薬とNMDA受容体拮抗薬があります。血管性認知症に効果がある薬剤はありませんが、脳血管障害の再発を予防するために、高血圧などの生活習慣病の治療が望まれます。
薬物療法以外でも、運動習慣や余暇活動を持つこと、喫煙しないこと、夜間の良好な睡眠、社会的孤立を避けることなどが認知症の発症率を低下させ進行を遅らせることが知られています。また、高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病やうつ状態の治療も有効とされています。したがって、生活習慣に気を配り、生活習慣病を治療することが重要です。